みなさんこんにちは、Asaです。いかがお過ごしでしょうか。
CBTも4日目に入り、明日には楽しかったこの時間も終わりを迎えます。

私の現状はこんな感じ↓
最終形態

レベルがカンストして、インナーイマジンも金色を作り終わったという人も多くなってきたのではないでしょうか。


武器、インナーイマジン共に35LVのものを作成して育成終了!という人も多いようですが、
今回はその先にあるブルプロのやりこみ要素についてお話したいと思います。


今回のCBT、私の目標は回復量全1のブラストアーチャーになるでした。

その目標達成のためになんとか頑張った結果、ヒーリングアローの回復力が150を達成!
BlueProtocol_20200426_182731
▲バトルイマジン次第ではもう少し上がりますが、実用的ではないので今回はこれで打ち止めにします

そこでこのブラストアーチャーの育成方法をもとに、キャラクターのさらなる強化方法を解説していきます。

まず大前提として、「どんな能力を伸ばしていきたいか」という点を考える必要があります。

私の場合は「とにかく回復力を高めたい!」という目標のもと育成しましたが、

例えばイージスファイターなら防御力を高めたい!
スペルキャスターなら攻撃力を高めたい!など、それぞれの目標を決めましょう。

その上で、キャラクター育成のために必要となる要素として、以下の3点が挙げられます。


①武器厳選
武器融着厳選
③インナーイマジン厳選



まず①の武器厳選から。

このゲームでは、武器を作成した際に以下の2点がランダム性能として武器に付与されます。

①特攻種族と性能値
②空きスロット数


なにかのクエスト、種族に特化した武器を作りたいなら①の特攻種族と性能値も重要になるのですが、
今回は空きスロットメインで話を進めます。


そもそも空きスロットとは、バトルイマジンが持つアビリティを付与できるスロットのことで、
空きスロット数が多ければ多いほど多くのアビリティを付与できます。

最低は0、多ければおそらく4までのスロット数が、武器を作成した際ランダムに付与されます。
BlueProtocol_20200426_183505
BlueProtocol_20200426_183509
BlueProtocol_20200426_183501
▲私は3本弓を作り、それぞれスロット数1,2,3でした。属性値は固定のようです。また、画像の武器はすでにスロットにアビリティを付与しています。詳しくは下記にて。


ただし注意しなければいけないのは、1つの武器に同じアビリティは2つ以上セットできないという点。


なのでいくらスロット数が多くても、「回復量UP」のアビリティをたくさん付与することは出来ません。

CBTで付与できるアビリティのうち、回復力に関係するのは「回復量UP」だけなので、今回はスロット数は1あれば十分、ということになります。

ただ、例えば攻撃に特化させるなら、「攻撃力UP」「ダメージUP・近接/遠隔」「会心率UP」など付与できるアビリティは多岐にわたるため、できるだけ多くのスロット数を持つ武器を作っておいたほうがいいでしょう。


続いて②の武器融着厳選

先程武器のストットには「バトルイマジンのアビリティ」を付与できると書きましたが、付与できるのはアビリティで効果値までは引き継がれません

つまり、例えば「回復力UP 効果値:10」のアビリティを持つピンクウリボーを付与した際、果値は10ではなくそれ以上で引き継がれ得る場合もあれば、それ以下で引き継がれる場合もあります

BlueProtocol_20200426_162901
▲自分が付与したアビリティがどれほどの性能なのかは、融着画面の☆の数で判断することが出来ます。


なので本当にやり込むとなると、このアビリティの効果値をすべて最高にすることを目指す必要があるのですが、CBTではアビリティの付替えや削除は出来ませんでした。

つまり、一度アビリティを付けてしまった武器をもとに戻す方法がないということです。
どんなにスロット数の良い武器を作っても、付与したアビリティの効果値が低くなってしまうと、もう元には戻せないということです。

これは流石に鬼畜すぎる……正式リリースではせめてアビリティリセットは出来るようにしていただきたいですね。

なので、②ではこの武器融着で良い性能のアビリティを付与する必要があります。

ちなみに3度試してみましたが、素材にするイマジンのLvや種類は関係ないようです。
なので「回復量UP」のアビリティを付けたい場合、一番作るのが簡単な「ピンクウリボー」を素材にするのが最高率です。

上の画像ではLv1の「ピンクウリボー」で☆☆☆☆を引きましたが、Lv25の「悪しき癒やし手」では☆☆となりました。あ、ちなみにバトルイマジンのアビリティは2種類からランダムで選ばれるので、武器融着のためにバトルイマジン厳選も行う必要がありますよ!!


最後に③のインナーイマジン厳選。

ぶっちゃけこれが一番めんどくさい。

インナーイマジンはバトルイマジンと同様、クラフトの際にアビリティがランダムで付与されます。
アビリティの候補はインナーイマジンの種類によって異なり、3種類から選ばれることになります。

アビリティの効果値の値は種類によっておそらく固定で、Lv35のインナーイマジンの場合攻撃力なら+40、HPなら+150、回復は+10、その他はすべて+20になるようです(この点は間違ってるかも)。

で、このインナーイマジンを自分好みのアビリティに揃える必要があります。


今回の「回復量UP」を目的にする場合、目指す箇所は4点。

・プロキシクスの耐久力UP
・ラテペクトの精神力UP
・パルブリーの耐久力UP
・サナクッタの回復力UP


この中で一番重要なのはサナクッタの回復量UPです。
幸い私の持っていたパルブリーは始めから耐久力UPだったので、今回はサナクッタのみ厳選することにしました。

サナクッタは例の湧水石が必要なインナーイマジンで、付与される可能性があるアビリティは

・回復量UP
・精神力UP
・知力UP


の3点。この中で精神力UPは回復量にも関わってくるステータスですが、精神力+20よりも回復量+10の方が実数値は上になるため、回復量UPを目指します。

その結果私はサナクッタを5個も作る羽目になりました……
BlueProtocol_20200426_192709


これはまじで鬼畜でした。単純計算で湧水石を250個集めたことになります。
おそらく運が悪いだけだと思いますが……。




と、そんなこんなで数々の厳選を乗り越えることで、ステータスの理想値を目指すことが出来るわけです。

回復量に関してはまだ伸びしろがあるのですが、私はもうやめます。時間がないのでそろそろタイムアタックとかしたいし……。

上記では書いていないですが、装備しているバトルイマジンも「回復量UP」がつくゴブリンセージを付けています。2体以上つけるともっと回復量は上がるのですが、BAで自己回復2体も付けるのは効率が悪いので、もう一体は「ダメージUP・遠隔」が付いて精神力の値が高いトリックエルダーをおすすめします。

いかがだったでしょうか?
今回は4日間+αの短いβ期間ですが、正式リリース後はぜひ皆さんも様々な厳選作業にチャレンジしてみてください。